モアナの千葉南日記

coastal life 海のある暮らしの日々の出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Channel Islands Factory Tour

2013千葉南moanaIMG_1375
無風で暖かい日曜日朝。
2013千葉南moanaIMG_1369
波のサイズはコシムネ。
2013千葉南moanaIMG_1374
海水はまだ冷たく、薄手のブーツをおすすめ。


2013channelislandsfactorytour_20130315102119.jpg
2013千葉南moanaIMG_0805
チャネルアイランズ社の訪問は今回で3回目になりますが、明らかに製造本数と在庫が増えているのがわかります。
現在このファクトリーでシェイプされる本数は1週間に500本、ラミネートとサンディングは170本という数。
2013千葉南moanaIMG_0768
倉庫にある完成品の数は1800本。
2013千葉南moanaIMG_0732
この1800本のほとんどが約6週間で入れ替わっていくそうです。
2013千葉南moanaIMG_0728

2013千葉南moanaIMG_0827
使われているフォームは3種類。
2013千葉南moanaIMG_0670
USブランクスが一番多く、次にミレニアムフォーム、3番目に使われているのはプロ選手だけに使われている硬めのフォーム。
他国で作られ選手が好む硬めのフォームをアメリカ国内でも作れないかと、ミレニアムフォーム社と研究してるらしく、完成すると一般の方も使えるようになるかもしれません。
2013千葉南moanaIMG_0650
両面全自動のシェイプマシンCYBERNETIC SHAPERに変化があり、以前使っていた大きい円盤状から、円柱の小型の物に変わっていたヘッド部分。
20110221114805e38_20130317155622.jpg
これは前に使っていた削りのヘッド。
2013千葉南moanaIMG_0651
より細かい部分を正確に削り出せるように小型化されたようです。
2013千葉南moanaIMG_0816

2013千葉南moanaIMG_0659
こちらは全自動ではなく、片面づつを手動で交換するタイプのモーションマスターという機械。
2013千葉南moanaIMG_0662
2本同時にシェイプ出来、片面に掛る時間は8分。
2013千葉南moanaIMG_0666
ストリンガーのノーズとテールの位置を合わせ、エアー式の吸盤で固定されると直ぐに削りが始まります。
2013千葉南moanaIMG_0669

2013千葉南moanaIMG_0821
テールやボトム形状を整える最後の仕上げは、やはり人の手で丁寧に行っています。
写真の彼は数人いる中でも、最も仕上げに掛る時間が短く多くの本数をこなせるシェイパーです。
フォームに彼が書いた、きちっとした少し角ばったサイズ表記をされたボードをお持ちの方も多いと思います。
2013千葉南moanaIMG_0820
ニューフライヤーのスワローテールを完成させるのを見ていましたが、もの凄いスピードで作業が進んで完結していました。
2013千葉南moanaIMG_0807
樹齢2,000年の大木を中国から取り寄せ、アルメリック本人がオールハンドでウッドボードを削っている場所です。
市場に出るのかは判りませんが、いくらの値段になるのか想像が出来ません。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。