モアナの千葉南日記

coastal life 海のある暮らしの日々の出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

weirdo ripper

2012千葉南IMG_8719
南風が強くなってしまった火曜日。
2012千葉南IMG_8722
サイズはコシ~ムネ。
weirdoripper1.jpg
イエデンニコルがデザインして生み出された、オールラウンドボードのウィアードリッパ―。
アルメリックが開発したPODのデザインを元に、完成までに一年もの時間を費やし、イエデンの他にはケリー、デーン、ジョディー、ナザニエルなどが開発に携わった完成度の高いモデル。

しっかりとしたボリュームがパドルを助け、ワイドなノーズとVボトム、そしてスクエアウイングとスワローテールはトライ、クワッド双方のセッティングに対応可能な操作性に優れたモデルに出来上がっています。
2012千葉南IMG_8714
今回撮影したサンプルのサイズは、5'6"×18 7/8"×2 3/16"。
2012千葉南IMG_8685
スクエアーシングルウイングとボリュームのあるスワローテール。
2012千葉南IMG_8713
ノーズの処理はうっすらとイーグルノーズタイプ。
2012千葉南IMG_8701
今回の2 3/16"のレール形状は、ネックビアードやダンプスターダイバーに似たボリュームのミディアムレール。
weirdoripper-bottom1.jpg
ローロッカーに、ボトムはシングル~ダブル~VEEと日本のビーチブレイクには最適なボトム形状。
ボトムのALロゴまでが浅いシングルコンケーブになっていて、そこからサイドフィンまでが深いダブルコンケーブ。
weirdoripper-bottom2.jpg
サイドフィンからエンドフィンにかけて、ダブルコンケーブが強いVEEに変化して行くのがわかります。
weirdoripper-bottom3.jpg
テールエンドはネックビアードに似た、はっきりとした強いVで終わっています。
weirdoripper-bottom.jpg
左がウイアードリッパ― 5'6"×18 7/8"×2 3/16"。
右はネックビアード 5'6"×19 1/4"×2 1/4"。
weirdoripper-deck.jpg
ネックビアードの様に小波に強く、コンテストでも使えるパフォーマンス性を持っているのがウイアードリッパ―の特徴。
weirdoripper-size2.jpg
ストックボードの日本入荷は来年になりますが、カスタムオーダーのご注文は受付開始になっています。
価格は121,000円税別フィン無し。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。