モアナの千葉南日記

coastal life 海のある暮らしの日々の出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2012ラウンドスカッシュネックビアード

2012千葉南IMG_5491
台風の接近で荒れた千葉南の海。
2012千葉南IMG_5490
今日と明日は出来るポイントへ移動が必要です。
neck-beard-poster-586x926.jpg
昨年に登場後、素晴らしい評価と、販売実績の良いチャネルアイランズ社のネックビアードモデル。
2012の春からは、テール形状を微調整したモデルが発売されたとても評判の良いモデル。
2012千葉南IMG_5492
2012千葉南IMG_5500
上段が今年のラウンドスカッシュ、下段は私が使う昨年モデル。
ボトム形状に大きな変化はなく、浅いシングルコンケーブ。
2012千葉南IMG_5494
2012千葉南IMG_5504
センターのシングルコンケーブからテール周辺はVEEになっているのも変化はありませんが、テールエンドは昨年のスクエアーテールタイプのVが強いのがわかります。
2012千葉南IMG_5497
2012千葉南IMG_5498
一番の変更点になったテール。
neckbeardsqtail.jpg
ラウンドスカッシュとスクエアーテールの画像を合成加工してみると(濃い白色が今季、半透明が昨年モデル)テール幅やフィンポジションなどに変更無く、スクエアーテールの角だけ取られているのがわかります。


先日パワーの無いコシハラサイズで乗り比べをしてみましたが、スクエアーテールのタイプの方が、トップでのターンやカットバックのホールド感に粘りがあるように感じ、今季のタイプは粘りよりも、さらにクイック性と回転の良さを感じました。

見た目からは想像ができない、滑り出しの早さと軽快な走りをしてくれ、細身のショートボードの様なパフォーマンス性の良さを兼ね備えています。

日本の波質ならヒザ~水量があまり多くないアタマサイズまで使用でき、昨年から多くの本数を販売して、すでに使用してる方は乗れる本数が増え、明らかに楽しみながらレベルアップしていくのを見ることが出来ます。

クセがなく、どなたでも扱いやすいモデルですが、体型やレベルに合わせたサイズ選択はとても重要になります。

短いレングスに性能が凝縮されているので、サイズ選びも重要ですが、実際に使用される時のパドリングポジションはさらに重要になり、このモデルの長所を引き出せるかに関わってきます。


オフショアになるポイントの午後の波。

サイズはムネカタ。


2012千葉南IMG_5524
夕方

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ちょくちょくお邪魔させて頂いております。
おこがましいですが、
Neck Bread (new tail)とDumpster Diverの違いを、
是非ともお願い致します。

和田を愛する者より。

salmar | URL | 2012年06月06日(Wed)16:45 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。