FC2ブログ

モアナの千葉南日記

coastal life 海のある暮らしの日々の出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Channel Islands Factory

#モアナIMG_1830
サイズ大きく、サーフィンの厳しい状態。
#モアナIMG_1832
朝は雨。

2011channelislandsfactorytour.jpgファクトリーツアー

#モアナ2011channelislands_00046
今回のツアーの目的は世界最大のサーフボード工場の訪問と、ニューモデルのチェック。
#モアナ2011channelislands_00047
一階のロビーには今季の新しいモデルと、現在テスト中のモデルが並び
#モアナ2011channelislands_00049
ゼネラルマネージャーのスコットアンダーソンとリーダーシェイパーのマイクアンドリューがそれぞれのボードを解説。
マイクの他に数名いるシェイパーは常にアルメリックとコミュニケートを取っていて、シャドーシェイパーという存在ではなく、メインに新しいモデルをトップ選手と開発してる立場。
そんなシェイパー達や選手の意見を聞き、長年の経験でアイデアをだしていくのが、現在のアルメリック氏のシェイプだけでなく、シェイプデザイナーとしての役目。
#モアナ2011channelislands_00051
マイクが手にするチーズスティックもそうですが、最近のサーフボードの傾向は、プロ選手も含めみんなが1~2インチ短くしていて、そのぶん1/4~1/8インチ幅を広くとり、従来のボリュームはそのままに短くしてるところ。
#モアナ2011channelislands_00054
夏前に発売予定のneck beardもマイクとデーンの開発で、
春に発売のwarpはショーントムソンとマイクが時間をかけて作った、おじさんサーファーを元気にする自信作だそうです。
今季ニューモデルの詳細は、以前の僕のブログでご紹介してるのでここでは省略します。
ベンチュラにて全てのニューモデルを試乗してますので、お店にて是非聞いてください。
お渡しできるカタログも届いています。
#モアナ2011channelislands_00058
ケリースレーターが自身のボードセミプロを全てデザインしたように、プロダクトルームには膨大な過去のボードデータがあり、PCを使い、アルメリック氏だけでなく優秀な選手やシェイパーが新たなモデルを造り出せるようになっていて、今後も沢山のサーフィンが楽しくなるモデルが登場するようです。
#モアナ2011channelislands_00062
マイクが持っているのも現在テスト中のもので、一つのモデルが発売になるまでには、10本前後の試作をテストして完成させます。
#モアナ2011channelislands_00064
デッキがかなりフラットになっています。
#モアナ2011channelislands_00066

#モアナ2011channelislands_00385

#モアナ2011channelislands_00387

#モアナ2011channelislands_00386
契約選手はもちろん、それ以外の選手からも3~4本単位で入ってくるカスタムオーダー。
#モアナ2011channelislands_00171

#モアナ2011channelislands_00395
2008年はビスケット、2009年はプルトン、2010年はダンプスターダイバーと3年連続で獲得した、サーフボードオブザイヤー。
2011channelislands_00381.jpg
ほとんどの選手が使っているTEAM LIGHT仕上げ。
ノーマルな仕上げはULTRA LIGHT使用で、デッキ面2層のボトム1層のクロスを使用。
TEAM LIGHTはデッキにSクロスを使い1層、ボトムも1層巻き。
これで出来上がったサーフボードのしなり具合というのは最高らしく、僕もまだ乗ったことがありませんが、是非乗っていただきたい仕上がりになるそうです。
壊れやすいので、お小遣いにゆとりがある時の方が良さそうです。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。