FC2ブログ

モアナの千葉南日記

coastal life 海のある暮らしの日々の出来事

ウエットスーツの製造過程

2011千葉南IMG_0596
台風13号の影響で、ややハードな千葉外房。
2011千葉南IMG_0608
クリーンな海面を求めて今週の火曜日も移動。
2011千葉南IMG_0605
大島がはっきりと見え、さらに左には利島、右手には伊豆半島が見える良い天気に風はオフショア。
2011千葉南IMG_0609
サイズはコシハラたまにムネ。
温水プールのような暖かさと、素晴らしい透明度の海水。
2011千葉南IMG_0629
景色の綺麗な南房総の海岸線。
west-logo2011.jpg
2011千葉南west_00214
今日はウエットスーツの貼り合わせと縫い合わせ過程のご紹介です。
2011千葉南west_00123
ボンドを塗り終えたパーツは、パズルをくみ上げるように裁断面を張り合わせていきます。
2011千葉南west_00128
手作業で張りあわせたパーツにエアーニッパーでさらに強い圧力をかけ、強度を出していきます。
2011千葉南west_00131
股マチパーツが立体的に出来上がったところ。
2011千葉南west_00156
張り合わせがが終わると、次は工業用ミシンを使っての縫い合わせになり、最終工程です。
2011千葉南west_00132
日本のウエットスーツ造りに必ず必要なすくい縫いのミシン。
2011千葉南west_00139
家庭用の針が縦に動くタイプと違い、ウエットスーツ用はU字に曲がった針が横方向に動きながら縫って行きます。
2mm~5㎜厚の生地を裏側に貫通させずに、すくいあげて縫っていく技術はとても難しく、職人技です。
2011千葉南west_00206
とても安い値段で販売されているウエットスーツは、前の工程のボンドでの張り合わせが無く、その為パーツを繋ぐ縫い合わせも、針が裏地まで貫通した縫い方をしています。
それにより全身の縫い目からは海水が浸入して、あっという間に体を冷やしてしまいます。
日本のウエットスーツのパーツの張り合わせと、すくい縫いの技術は世界一です。
2011千葉南west_00210
長い経験を持つ、工場長の青木さん。
2011千葉南west_00166

2011千葉南IMG_0640
今季のウエットスーツの説明とモデル紹介に来てくれた、工場長の青木さんとウエストスーツ代表の岡田修平さん。




スポンサーサイト



PageTop